最新情報

Apple、A14X(t8103)、S6(t8301)など6種のプロセッサを開発中?

Apple Watch Series 6
 
TwitterユーザーのLonghorn(@never_released)氏が、A14XS6を含め、Appleが開発中と思われる6種類のプロセッサに関する情報を投稿しています。

Mac用に3種類、A14シリーズなど3種類

Longhorn(@never_released)氏の、Appleが開発中と思われる6種類のプロセッサに関するツイートは下記の通りです。
 

Apple’s lineup this year pretty much:

– t6000/6001/6002 (almost certainly Mac – ?)
– t8101 (iPhone – A14)
– t8103 (iPad – A14X)
– t8301 (Watch – S6)

— Longhorn (@never_released) July 3, 2020

 
同氏の情報によれば、iPhone向けのA14(t8101)、iPad Pro向けの可能性のあるA14X(t8103)、Apple Watch Series 6向けと思われるS6(t8301)プロセッサの他に、Mac向けの可能性が高い、t6000、t6001、t6002の3種類のプロセッサが開発中のようです。

t6000シリーズはApple Silicon?

ARM MacBook_NGTC_04
 
Bloombergの記者マーク・ガーマン氏は、ARMアーキテクチャを用いた少なくとも3つのプロセッサが試作されていると述べていたことから、Longhorn(@never_released)氏がMac向けだろうと予想する、t6000、t6001、t6002の3種類のプロセッサがそれにあたる可能性もありそうです。
 
 
Source:Longhorn(@never_released)/Twitter
Photo:EverythingApplePro/YouTube, North’s Globe TC/Twitter
(FT729)

A14Xを含む? A14シリーズSoCをTSMCが年内に8千万個出荷か?

A14_EAP_010
 
iPhone12への搭載が噂されるAppleの最新SoC、A14について、台湾TSMCは年内に8千万個の出荷を計画している可能性が伝えられました。。

有没有搞措(@L0vetodream)氏の投稿

有没有搞措(@L0vetodream)氏は2020年7月3日、Twitterに、TSMCは今年、8千万個のA14を準備するであろうと、投稿しました。
 

TSMC will prepare 80 million A14 chips for Apple, in this year.

— 有没有搞措 (@L0vetodream) July 3, 2020

 
同氏の指すA14は、TSMCのもつ3種類の5ナノメートル(nm)製造プロセスのうち、どれを使用するものかは明らかではないと、Wccftechは報じています。

iPad Pro用のA14Xも含まれる?

Wccftechはまた、有没有搞措(@L0vetodream)氏の指すA14が「A14シリーズ」ということであれば、iPhone12シリーズに採用される可能性の高い「A14 Bionic」だけではなく、新型iPad Pro向けの、「A14X Bionic」も8,000万個の出荷数に含まれることも考えられるとしています。
 
iPhone12のミリ波対応モデルの年内の出荷数は、当初予定の半分にとどまるとの報道もあったことから、これら8,000万個のA14シリーズチップを搭載するデバイスには、iPhone、iPadおよびARM搭載Macも含まれるのかもしれないと同メディアは報じています。
 
ARM搭載Mac発売に向けた開発者移行キット(DTK)には、iPad Pro(2020)に採用されたA12Z Bionicが、Apple Siliconとして搭載されています。
 
 
Source:有没有搞措(@L0vetodream)/Twitter via Wccftech, TechPowerUp
Photo:EverythingApplePro/YouTube
(FT729)

MENU