外部LINK

Apple、A14X(t8103)、S6(t8301)など6種のプロセッサを開発中?

Apple Watch Series 6
 
TwitterユーザーのLonghorn(@never_released)氏が、A14XS6を含め、Appleが開発中と思われる6種類のプロセッサに関する情報を投稿しています。

Mac用に3種類、A14シリーズなど3種類

Longhorn(@never_released)氏の、Appleが開発中と思われる6種類のプロセッサに関するツイートは下記の通りです。
 

Apple’s lineup this year pretty much:

– t6000/6001/6002 (almost certainly Mac – ?)
– t8101 (iPhone – A14)
– t8103 (iPad – A14X)
– t8301 (Watch – S6)

— Longhorn (@never_released) July 3, 2020

 
同氏の情報によれば、iPhone向けのA14(t8101)、iPad Pro向けの可能性のあるA14X(t8103)、Apple Watch Series 6向けと思われるS6(t8301)プロセッサの他に、Mac向けの可能性が高い、t6000、t6001、t6002の3種類のプロセッサが開発中のようです。

t6000シリーズはApple Silicon?

ARM MacBook_NGTC_04
 
Bloombergの記者マーク・ガーマン氏は、ARMアーキテクチャを用いた少なくとも3つのプロセッサが試作されていると述べていたことから、Longhorn(@never_released)氏がMac向けだろうと予想する、t6000、t6001、t6002の3種類のプロセッサがそれにあたる可能性もありそうです。
 
 
Source:Longhorn(@never_released)/Twitter
Photo:EverythingApplePro/YouTube, North’s Globe TC/Twitter
(FT729)

A14Xを含む? A14シリーズSoCをTSMCが年内に8千万個出荷か?

A14_EAP_010
 
iPhone12への搭載が噂されるAppleの最新SoC、A14について、台湾TSMCは年内に8千万個の出荷を計画している可能性が伝えられました。。

有没有搞措(@L0vetodream)氏の投稿

有没有搞措(@L0vetodream)氏は2020年7月3日、Twitterに、TSMCは今年、8千万個のA14を準備するであろうと、投稿しました。
 

TSMC will prepare 80 million A14 chips for Apple, in this year.

— 有没有搞措 (@L0vetodream) July 3, 2020

 
同氏の指すA14は、TSMCのもつ3種類の5ナノメートル(nm)製造プロセスのうち、どれを使用するものかは明らかではないと、Wccftechは報じています。

iPad Pro用のA14Xも含まれる?

Wccftechはまた、有没有搞措(@L0vetodream)氏の指すA14が「A14シリーズ」ということであれば、iPhone12シリーズに採用される可能性の高い「A14 Bionic」だけではなく、新型iPad Pro向けの、「A14X Bionic」も8,000万個の出荷数に含まれることも考えられるとしています。
 
iPhone12のミリ波対応モデルの年内の出荷数は、当初予定の半分にとどまるとの報道もあったことから、これら8,000万個のA14シリーズチップを搭載するデバイスには、iPhone、iPadおよびARM搭載Macも含まれるのかもしれないと同メディアは報じています。
 
ARM搭載Mac発売に向けた開発者移行キット(DTK)には、iPad Pro(2020)に採用されたA12Z Bionicが、Apple Siliconとして搭載されています。
 
 
Source:有没有搞措(@L0vetodream)/Twitter via Wccftech, TechPowerUp
Photo:EverythingApplePro/YouTube
(FT729)

秋に「AirPower mini」が発売?iOS14内部にも示唆する情報

AirPower
 
Appleが開発中断を発表したものの、現在も開発が続いているといわれるワイヤレス充電パッドAirPowerの小型モデル「AirPower mini」が2020年秋に発売される、との噂が流れています。

1デバイスだけ充電できる「AirPower mini」

Apple関連のリーク情報を発信しているApple RUMORs (LEAKS)(@a_rumors0000)氏が、iPhone、Apple Watch、AirPodsを1台、高速ワイヤレス充電できる「AirPower mini」が今秋発売されるとツイートしています。
 

“AirPower mini” coming in the fall!!!⚡😆⚡

Genuine Apple wireless charging mat for fast charging, with only one device to charge. iPhone, Apple Watch, and AirPods are supported😎

Confirmed: Me & @Soybeys pic.twitter.com/YEhi0lp1Qv

— Apple RUMORs (LEAKS) (@a_rumors0000) July 3, 2020

 
同氏は、この情報をリーカーのSoybeys(@Soybeys)氏と一緒に確認した、と付け加えています。Soybeys(@Soybeys)氏は先日、紛失防止タグ「AirTags」の操作音とされる音声を公開しています。

iOS14内部に「AirPower」「C26」の記述も

Apple RUMORs (LEAKS)氏のツイートに対して、iOSデベロッパのあおいカニ(@blue_kanikama)氏は「miniかどうかは分からないが、私も確認した」として、iOS14のスクリーンショットを公開しています。
 
AirPower C26
 
画像には、小型版AirPowerのコードネームと言われる「C26」の文字のほか、「AppleC26Charger」「AppleAirPowerMultiDevice」といった記述も確認できます。
 
AirPower C26
 
2020年秋という情報が確かなら、iOS14正式版の公開、あるいは5G対応の「iPhone12」と同時期に発売される可能性もあります。
 

I have also confirmed. (I don’t know if it is “mini”) pic.twitter.com/YuVTX1y0vR

— あおいカニ (@blue_kanikama) July 3, 2020

 

発熱問題はA11チップによる充電処理で解決?

Appleは、AirPowerを2017年9月にiPhone Xと同時に発表されましたが、2019年3月に開発中止を発表しています。
 
開発が難航した理由は、最大3台のデバイスを充電する際の発熱問題ではないか、と推測されています。
 
Appleが開発を再開したとされるAirPowerには、iPhone XやiPhone8と同じA11チップを搭載し、高度な充電制御によって異常な発熱を回避することに成功したとの噂もあります。
 
1台だけ充電可能な「AirPower mini」は、発熱問題が発生しにくいため、発売の見通しが立ったのかもしれません。
 
6月の世界開発者会議(WWDC 2020)でAirPowerが発表されるのでないか、との予測もありましたが、Appleはハードウェア製品の発表は行いませんでした。
 
 
Source:Apple RUMORs (LEAKS)(@a_rumors0000)氏/Twitter, あおいカニ(@blue_kanikama)氏/Twitter
(hato)