Apple Watch Series 6に関する噂まとめ〜新しいレザーループ登場?

Apple Watch Series 6_Apple Hub
 
Apple Watch Series 6について、テック系メディアiMoreが、スペックや機能に関する噂をまとめています。同メディアは、レザーループが新デザインになるという情報も取り上げています。

性能・機能面での噂

iMoreが、Apple Watch Series 6に関する噂や予想をまとめています。
 

  • S6プロセッサとW4チップを搭載
  • W4チップにより、Wi-Fiの通信速度向上
  • 耐水性に加え、耐塵性も備える可能性がある
  • 血中酸素飽和度測定用センサー搭載
  • ケース素材はアルミニウム、ステンレス、チタン、セラミック
  • 販売価格はApple Watch Series 5と同じ
  • 過呼吸状態、メンタルヘルスに関する通知機能を搭載
  •  
    血中酸素飽和度機能は既に、Fitbit Senseが搭載していますが、日本向けプロモーションビデオでは、血中酸素飽和度測定機能と心電図アプリを紹介していないため、これらの機能は日本で利用できない可能性が高そうです。
     
    Apple Watch Series 6の血中酸素飽和度測定機能が、日本では発売後すぐに利用出来ることが期待されます。

    新しいレザーループも同時発表?

    Apple Watch new leather loop_02
     
    iMoreは、Apple Watch Series 6発表と同時に44mmケース用レザーループが新デザインに変わる可能性があるとの噂も取り上げています。「新しい44mmケース用レザーループ」と紹介されている動画では、現在のレザーループと形状が異なることが確認できます。
     

     
    ただし、このバンドを紹介した情報源にはこれまでリーク情報、事前予想を正解させた実績がないことから、信憑性は低いとiMoreは伝えています。
     
    同メディアはApple Watch Series 6の発表日を、「ジョン・プロッサー氏の情報から考えれば、現地時間9月8日火曜日に発表される可能性が高い」と予想しています。
     
     
    Source:iMore, Tinhte English
    /YouTube

    (FT729)