iPad、米カリフォルニア州100万人の学生のリモート学習で採用

ipad
 
新型コロナウイルスの影響により、カリフォルニア州の97%の学生が今も自宅学習を強いられており、学習環境のあり方の抜本的な見直しの必要性が高まっています。同州教育省は、セルラー機能付きのiPadをリモート学習に最適のデバイスと結論づけ、最大100万人の学生のためAppleから割引価格で購入する流れとなりました。

AppleはT-Mobileと協力

カリフォルニア州教育省が採用を決めた4G LTE対応iPadのモバイル接続は、T-Mobileが担うとのことで、AppleはT-Mobileとコラボして100万人の学生のサポートを行う見通しです。
 
Appleの教育者向け学習チームは、バーチャル教育をより効率的かつ創造的なものにするため、教師のためのセッションも毎週行うようです。

新学期が始まるまでに10万台のiPadが出荷準備

カリフォルニア州教育省は、それぞれの学区にAppleとT-Mobileへのデバイス注文の仕方を近々通達する予定です。
 
9月に新学期が始まるまでに、最低でも10万台のiPadの出荷が見込まれており、両社によれば、今年いっぱいの需要に見合うだけのデバイスは供給可能であるとのことです。
 
 
Source:カリフォルニア州教育省 via Cult of Mac
(lexi)